お問い合わせをお待ちしております
携帯電話 090-3722-8334
応対時間(平日) AM9:00~PM5:00

コンドームカテーテル(外付けカテーテル)のこと

コンドーム型カテーテルは外付け尿道カテーテルとも呼び、コンドームから生まれた採尿器です。 欧米では男性の収尿器として大変普及していますが、先進国の中では日本は非常に遅れています。
原因として考えられることは健康保険の対象外商品であることと 医療現場では、利便性からほとんど留置カテーテルが選択されています。

日本でも30年程前から、ラテックス製のコンドームカテーテルを輸出していました。 コンドームの先端に穴を開け、その穴に長さ4cmのパイプ(リム)を接着させます。 これを全て手作業でやっていましたから、生産効率が悪いために当時よく在庫が足りなくなりました。 この手作業を見て、どうして一体金型を作らないのかと提案しましたが、メーカーとして生産ラインを設けるほど売れなかった訳です。

近年、海外から一体金型で製造したラテックス製のコンドームカテーテルが 輸入されるようになり日本での製造メーカーは1社だけになりました。

呼び名もいろいろで、外付けカテーテル、エクスターナルカテ、コンドーム型収尿器、シース型とも言われ コンドームの先に導尿リムを一体化させ素材は天然ラテックスやシリコン、 熱可塑性エラストマー(ゴムのようなプラスティック)でできています。

コンドームカテーテルの種類

脱落防止に粘着テープ、ゴムストラップ、両面テープを巻き付けるスタンダードタイプ(ツーピースタイプ)と、 内面に粘着剤を塗った粘着剤付きタイプ(ワンピースタイプ)があります。

ラテックスのコンドームカテーテルの注意

ラテックス(ゴム)は、使用する人によって希にラテックスアレルギー症状を起こす場合があります。 そのような症状あるときは素材の違うカテーテル(シリコン、熱可塑性エラストマー)に変えてみてください。 それで改善の無いときは医師にご相談ください。

コンドームカテーテルの使い方

レッグバッグと連結すれば外出時も確実で快適な排尿ができます。 就眠時には延長パイプをつないで溲瓶、尿バッグに導尿すれば安心しておやすみいただけます。 お使いになって一度や二度の失敗であきらめないで下さい。 まずは慣れと工夫で必ず解決できます。

コンドームカテーテルのサイズ

コンドーム型カテーテルのサイズは直径で表記していますが、 胴回り(周囲)も併記していますから参考にしてください。 ペニスの一番太い部分の周囲を紙か布テープで巻いて測ってください。 リムはコンドーム型カテーテルの排尿口を言います。ほとんどのコンドームカテのリム(排尿口)は内径サイズは7mm です。 ユリードーム、ユリサーバーだけが内径9mmです。